• ブラシで髪を梳かす男性
  • 鏡を見ている男性たち
  • 髪に落ち込む男性と櫛で髪を梳かす男性
髪が薄い男性

薄毛や抜け毛は老若男女問わず発生するものです。
その中でも、成人以降の男性に発症することが多いのがAGAと略されることも多い男性型脱毛症です。
これは、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に、男性ホルモンが入ることから発生します。
ちなみにこの受容体の有無、感受性によって異なります。
そのため、同じ男性でもこれを原因とするAGAが発症しない人もいます。
受容体と男性ホルモンが結びつくと、そこで特定の酵素が生まれ、その作用を受けてしまうと男性ホルモンは発毛を阻害する物質へと変換されてしまいます。
それが、AGA発症のメカニズムであり原因のひとつです。
この際に使用されるのがフィナステリドを含んだAGA治療薬です。
たとえばAGA治療薬のプロペシアがこれに該当します。

フィナステリドは評判が良い育毛成分で、男性ホルモンの分泌や、それを発毛阻害物質に変換してしまう特定酵素を抑制する作用があります。
ですから、これらが原因の場合のAGAの治療には、服用し続けることで高い効果を期待することができるとされています。
ただしフィナステリドを含むプロペシアのようなAGA治療薬の服用には注意点もあります。
それはフィナステリドの作用は、女性の体にとっては様々な面で影響が大きすぎると言う点です。
そのため、女性に対してのプロペシアの使用は、原則、認められていません。
特に妊娠を目指す女性や、妊娠中の女性は、プロペシアの欠片に触ることすら禁じられています。
中でも胎児が男児であった場合、プロペシアに含まれるフィナステリドの成分に少しでも触れることによって、男児の性器形成に甚大な影響が及ぶ可能性も否定できないと言われています。
プロペシアを服用している最中、その成分は僅かながら精液にも含まれます。
ですから、妊娠を目指しているパートナーと性交渉をすると言う男性は、AGA治療薬の服用に関しては慎重になる必要があります。